青魔道士SEのブログ

PHPエンジニアです。得意技はラーニング。ITと日常のことつぶやきます。

エンジニアサポートCROSS2017に行ってきたよ!

国内最大級のIT系勉強会!

ということで参加してきましたCROSS2017!

最大級かどうかは置いておいて、 会場はみなとみらいの大さん橋!場所が良い!海気持ち良す!

2017.cross-party.com

普段のカンファレンスでは聞けない多種多様なセッション。 ランチに懇親会のビール&フード、そしてスポンサー企業のノベルティも充実でお土産いっぱいw

業務として参加している企業を書くホワイトボードが印象的でした。 素敵な企業が多いですねー。

全体的にゆる〜い仕上がりでしたが、エンジニアの文化祭っぽい感じで楽しかったです。

ぜひみなさんも来年参加してみてはいかがでしょうか。

以下はメモ。写真もあるよー。

参加したセッションのメモ

Design × IoT

運送会社より、IoTで安全を買えないのか

では危険とは何か

事故。事故を減らせないか

なぜ事故が起きるのか

眠気や興奮

心拍でわかる

体に何か装置をつけるのはイヤ

非接触で検知できる機器がある

  • Input 心拍
  • Logic 眠気や興奮を検知
  • Output 業務指示(休憩を勧めたり、代行)

Gatebox

バーチャル彼女的な。家にいる。コミュニケーションを重視。

  • 今日雨が降るかもしれないよ
  • この前買ったアウター着て行ったら
    • 天気を雨や晴れとかでは伝えない

あえて魅せる電源タップ

隠しておきたいものをあえてスタイリッシュに。

「ちょっと違うんだよな」発言はデザイナーがイラっとしちゃうので注意

これエンジニアもイラっとするね。 誰でもイラっとするか。

デザイナーは感性で勝負しているわけではない

エンジニア同様、依頼者の仕様や背景があって、それをもとに作り上げていく。

造形のデザインだけでなくシステムのデザインやビジネスのデザインもしていく。

それがデザイナー。

3Dプリンターで自転車を作りたい

金属の3Dプリンターがある。いま熱い。

コスト高い。GTR2台分くらい。 自転車なんだからそれっぽい値段にしろ。

自転車のパーツ

  • before:2kg
  • after:350gくらい

負荷がかかるところは密度高く、強度は以前より1.7倍になった。

強度をシミュレーションできるソフトも作った。 新しいことをやると知識を最大限に生かして無料でやってくれる企業も多い。

sakura.io

webの人はwebの技術のまま、やれるものを作った。

[ランチ]One Life

IoTと生活

  • 冷蔵庫のIoT

    • 田舎暮らしの老夫婦、2時間開けなかったら救急隊が様子を見にいく
    • 冷蔵庫の中身を判断して自動注文
  • 洋式トイレ

    • 排泄物で健康判断
    • 座ったら脈拍や体温も取れる

音声AIアシスタントがもたらす未来とは。

amazon alexa

音声認識自然言語理解の音声AI

  • skills kit
    • サーバー側
  • voice service

音声AIはどんな変化をもたらしたか

  • 使う上で学習コストがない

    • キーボードとかを覚える必要もないので子供でも使える
  • 寿司屋の予約とか

    • いまはアプリを使える人がファストパスのように順番待ちを回避できる
    • 音声UIであれば誰でも使えるようになる

ブロックチェーン技術を使った開発 〜エンジニアからみたブロックチェーン技術の実際と展望

ブログ記載NGとのことなので秘密❤️

アンカンファレンス

さいごに

運営&関係者のみなさま、お疲れ様でした。

来年も楽しみにしています!

ありがとうございました!

amazonバーチャルダッシュはじまた!

amazomダッシュボタンのweb版!

ものすごいポチポチしちゃいそうw

今日はそれだけ。ちょっとテンション上がっちゃったのでついw

LINEってクリップボードにコピーした画像貼り付けれるんですね!

いまiPhone操作してたらビックリしたので投稿。

いつも友達とかにURLコピーして共有してたので衝撃でした。

もしかして昔からできたのかな…?

LINEはクリップボードから画像コピペできて、しかも画像加工もできる!

さて、なにを言ってるかわからないと思うのでキャプチャで解説。

解説

画像をクリップボードにコピーして、

トークルームで貼り付けるとー?

加工して送信できる!(^ω^)

これでわざわざ画像をiPhoneに保存して投稿する必要もありませんね!ステキ!

おまけ

最近LINEで「花火」って送るの流行ってますね。

知らない人はやってみてね。

【運営報告】今日という日は一度しかない

たまたま見たら…ラッキー(*´∀`)♪

Laravel LT night #1に行ってきたよ!

7/26にLaravel LT nightに行ってきました!

reluxtechlab.connpass.com

会場のLoco Partnersさん素敵なオフィスでしたー。

Relux公式アンバサダーはなんとサッカーの香川真司選手!うらやましす。

所感

勉強会はLTオンリーということもあり、サクサクっとポテチを食べる感覚で終了しました。 悪くないけど物足りなくも感じたり。LTの良さを再認識したり。

懇親会でいろいろな方とお話できて満足! ピザとビールもたくさん用意いただきお腹も満足!

皆様ありがとうございました!第2回も是非!

以下はタイトルもメモりきれてない勉強会メモです。(^^;;

Eloquent Modelと親和性の高い〜 [ubonsa]

DBに依存したオブジェクトと依存していないオブジェクト(料金内訳)をまとめて処理したい

laravelのModelの中身を解析して独自に作ったよ

モバイルページ高速化〜 [YumaOyaizu]

AMP対応の話

AMP用に別ページ作るの大変だよね →ミドルウェアを活用

$responce->setContent($content);でレスポンス(HTML)を書き換えられる

正規表現等を使ってAMPに書き換えちゃえばいいよ

人気の無いAuthorization〜 [happy_ryo]

認可の話

GateとPolicy

Gate モデルやリソースに関係ないアクションへの認可

Policy モデルやリソースに関する認可

www.slideshare.net

view〜 [KenjiroKubota]

view内で複雑な処理をしていたり、コントローラー側でたくさんやってたりしませんか?

  1. Directiveを拡張してみる Directive=if()とか 独自に作れるよ

  2. View::sgareを使う サービスプロバイダーやミドルウェアでやっちゃってもOK

  3. view::composerを使う サービスプロバイダー

特定のbladeテンプレートが呼び出されたときに起動する

CRUDアプリから一歩踏み出す3つのアプローチ [kurikazu]

  1. どこでもFacadeを疑う テストを書くのが大変になるよ

  2. Model=Eloquentを疑う テーブル設計がFWに引っ張られる

  3. FWのコアに触れる とりあえずindex.php読んでみるといいかも

www.slideshare.net

5.5直前!Container振り返り〜 [ytake]

インスタンスの方法いろいろ

さいごに

発表者の皆様、ステキなLTをありがとうございました!

新人が辞めた。

昨日新人が会社辞めました。

入社してから3ヶ月とちょっと。まだ研修しか経験していませんでした。

理由は又聞きだけど、プログラミングができないとかパソコンと向き合ってるのがつらいとかそんなところらしいがもう少し待ってから判断してほしかった感はある。

自分は研修に関わっていたこともあり非常に残念でしかたない。

  • 業務に入っていたら
  • 飲み会とかで仲良くなってたら
  • 悩みを相談してくれれば
  • 早く気づいてれば
  • 一緒に働いてれば

もう一回りも違う子だけど、おっさん後悔です。

ふと大学時代の部活の勧誘を思い出した。

「新入生が入部したら勧誘成功じゃないからな!入部して良かった、楽しいと思ってもらえて初めて勧誘成功だ!」

胸が痛いぜ。。

モブプロディスカッションに行ってきたよ!

はじめに

7/11に行われたモブプロディスカッションに参加してきました!

www.eventbrite.com

モブプロいいよね。いいよねモブプロ。

モブプロって何?という人は当日講演された及部さんの素敵スライドを見てみましょう。

speakerdeck.com

実際にモブプロしてる海外の動画を見るといいそうです。モブプロの1日を3分で!

www.youtube.com

レポート

参加者の熱がありすぎて、1時間30分のディスカッションタイムは全て質疑応答タイムに!

ツイッターでも質問受け付けてくれてたのですが、用意していただいてたのであろうリアルタイムでプロジェクターに表示する仕組みは日の目を見ずでした。(ありがとうございました!)

今まで参加したイベントで一番一体感を感じました。まさにモブディスカッション!

以下はその質疑応答でのメモです。

モブプロ試す際、(技術などに)詳しい人が1人のときはどうすればよいか

  • ファシリテーターがうまくやるなど工夫する必要あるかも
  • フラットな状態(みんな知ってる言語、知らない言語)で試すのもいいと思う

  • メンバーの関係性がわかるだけでもよいのでは。チームとしての問題がわかりやすくなる

モブプロを1日9時間やったら消耗した…

  • モブプロ長時間は疲れる。考えられない
  • 今日はここまで、といった終わらせ方が上手いのはポイントかも

ドライバーが理解できてない状態はありえない。

  • ドライバーはわからなければブレーキを踏んで、理解してから進む。
  • それができるチームにしないといけない。

個人的な勉強とかしたい場合は?

  • 個人の時間を設けてる。そこでわからなかったことを調べたり、新しいことを学んだり

4人がちょうどよい。5人がギリかな?

  • ハンター社は3人もしくは2人。
  • 出入り自由で入るのはいいの?(5人以上になっちゃうんじゃない?)貢献できる人が入る。(だから問題なし)

初めてやるときのコツ

  • ホワイトボードを横に置いておくとよい。空中戦になりやすいので。
  • 失敗したほうがいい。コミュニケーションがうまくいかないとか。でもそれはモブプロが理由じゃないことが多い。それがわかることが大事。それを振り返る。

  • みんながわからないお題など、フラットがよい。

  • 一日やるなら前半、後半に分ける(あるいは2日間)。途中ランチや飲み会で反省会あると有意義かも。(振り返ったあとに再度やるの大事)

設計で揉めたらどうするか。時間がかかる(コードの書き方など)

  • 目的を大事にする。綺麗なコードを書くのでなく明日見せる動くプロダクトを作るにはどうするか。
  • スピード感大事にするならどうすべきか。

  • 自由な課題だとゴールがわかりづらいので、業務コードを題材にできるとよい。

チームが重要。

  • チームが良かっただけでは?その通り。
  • モブを使ってチームを良くすることもできるし、良いチームがモブをやるとそりゃー良い。

所感

モブプロはテレビゲームをみんなでやってる感覚だそうです。

まだ実施したことないのですが、そうだろうなーという想像はあり納得しました。

そりゃー楽しいよね。

さいごに

過去最高に楽しかったしワクワクした勉強会でした。

ステキな企画をありがとうございました!